Tagged: リーク情報

Xperiaのライフログ、サービス終了へ

Xperiaの海外情報を追っているXperiaBlogは、SonyがLifelogアプリを終了することを伝えました。Lifelogは、かつてSony Mobileからスマートウォッチ、スマートバンドが積極的にリリースされていた2014年頃から提供されていた、ソニーのウェアラブルデ...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

噂:Xperia 1 II、新色追加か

中国WeiboのリーカーZackbuks氏は、ソニーの「Xperia 1 II」は黒、白、紫に加えて、追加カラーがあると投稿しました。同氏は2019年以降のXperiaが画面比率21:9を採用することを、2018年の段階でリークし、的中させた実績を持ちます。既に発表されている「X...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

噂:次期「Xperia 5 II」は、廉価「Xperia 10 II」と変わらずFHD+有機EL。差別化は?

中国のリーカーZackbuks氏は、Weibo上にて、次期「Xperia 5 II(Mark 2)」に関する情報を投稿しました。内容としては「今年前半の中価格帯の『Xperia 10 II』がFHD+ 有機ELなのに、今年後半の『Xperia 5 II』は2K HDR有機ELを提...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

今、もし「小型Xperia」が復活するなら?

5G通信商用サービスが開始された今、もしXperiaに小型機が出るとしたら?どんなふうになるのでしょうか。ちょっとだけ考えてみました。動画版はこちら。Xperia Compactシリーズ(Z3C、Z5C、XZ1Cなど)を思い浮かべる人が多いと思いますが、今あれが登場してもちょっと...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

「Xperia 1 II」のカメラ構成が判明か。メインはGalaxy S20にも採用されるソニー製センサー

中国のソニー関連の有名リーカーZackbuks氏は、ソニーが先日発表した次期旗艦「Xperia 1 II」の搭載する背面カメラの構成が、以下の通りであると投稿しました。メイン:24mm 1/1.7 1.8um Dual-PD IMX555 Exmor RS超広角:16mm 1/2...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

「Xperia 10 II」がリーク!OLED+SDM665、みんな待ってた理想のミッドハイペリア

Galaxy関連のリークに実績を持つxda-developers投稿者のMax Weinbach氏は、「Xperia 1 II」に続き、「Xperia 10 II」の詳細をリークしました。情報源は秘匿。21:9比率のワイド画面のOLED搭載を確認できます。2019年前半に投入され...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

次期Xperia旗艦の詳細仕様がリーク。「Pro同時登場」「高速読み書き」「4画素を1画素化カメラ」

中国有名リーカーZackbuks氏は、ソニーの次期フラッグシップスマートフォンが今月末に発表される可能性が高いと推測し、その詳細な仕様を明らかにしました。まず引き続き21:9比率の4K HDR OLED、パンチホールのない6.5~6.6インチディスプレイを搭載するとのこと。マスタ...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

次期Xperia旗艦は赤色アリ?

ソニーがMWC 2020のプレス招待状を配布したとGSM Arenaが伝えました。こちらが招待状の画像。記者発表は現地時間2020年2月24日8時30分より開始され、ライブストリーミング配信も予定されています。ここで注目すべきは、招待画像の「色」です。MWC2019では、以下のよ...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

次期旗艦Xperiaは「世界2番目の4K HDR有機EL」を搭載、厚み変わらず「イヤホンジャックあり」―Zackbuks情報

中国の有名リーカーZackbuks氏は、「来月の、世界で2番目のモバイル 4K HDR OLEDディスプレイを楽しみにしています」と、Weibo上に投稿しました。ソニーの2019年フラッグシップスマートフォンは、世界初の4K HDRディスプレイを搭載した「Xperia 1」でした...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

史上最大、iPhone 12 Pro / Maxの実行メモリは6GBに?

Androidでは普通です。海外メディアMacRumorsは、2020年に発売される次期iPhoneには最大6GBのRAMが搭載される可能性が高いと伝えました。イギリスに拠点を置くBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis 氏が、アジアにあるAppleのサプライ...

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。