Tagged: Phablet

【EXPANSYS】6.4インチの「Xperia Z Ultra(SIMフリー版)」が気がついたら¥30,850まで値下がってる!!

ワイモバイルが国内キャリアとして「Nexus 6」を独占販売することを発表!!

スクリーンショット 2014-10-16 14.25.10
Googleの新しいリファレンススマートフォン「Nexus 6」なんですけどね。

国内キャリアとしては、ワイモバイルが独占して販売することを発表してますよ!!





Googleからの「Nexus 6」正式発表を受けて、そんなようなプレスリリースをワイモバイルが発表してます。

Google™ のスマートフォン「 Nexus 6 」の発売について|2014年|プレスリリース|ワイモバイル株式会社



現時点では「ワイモバイルが販売しますよ」ということだけで、具体的な発売日やら価格は未定となってます。

まぁ、近日中に発表されるんじゃないですかね。

で、気になる発売日なんですけど、アメリカでは10月下旬から予約受付開始で11月中に発売ということらしんですけどね。

日本を含め詳細な日程は未定です…。

ちなみに、昨年の「Nexus 5」はSIMフリー版がGoogle Playで11月1日から発売になり、それからちょっと遅れてイー・モバイル(当時)版が11月15日から発売になったんですけどね、果たして今回はどうなることやら???

とりあえず、国内販売されるはずの「Nexus 6」はソフトバンクのプラチナバンドやAXGPにも対応してるっぽいですからね、ソフトバンクのネットワークで利用したい場合は乞うご期待という感じでしょうかね。

WiMAX 2+やAXGPにも対応してるっぽい「Nexus 6」の対応周波数のお話。 | OREGADGET



あと、ワイモバイル版なら分割購入もできるでしょうしね。

まぁ、今後の詳細発表に期待したいところなわけです。




【EXPANSYS】うわっ!! 「Xperia Z Ultra」が本体価格34,000円で購入できる!!

スクリーンショット 2014-08-06 13.37.32

出始めの頃は6万円オーバーだったんですけどね。

いつの間にやら本体価格が34,000円(送料・関税別)ですって!!





というわけで、6.4インチディスプレイ搭載のSONYのハイスペックファブレット「Xperia Z Ultra」が、とっても魅力的なお値段になってますよ!!というお話。

販売しているのはもちろん、その界隈では有名なEXPANSYSです。

「Xperia Z Ultra」は昨年の6月に発表されたモデルですけどね、スペック的には今見ても全然いけるんじゃん!?みたいな感じ。
  • Android 4.3
  • Snapdragon 800 MSM8974 2.2Ghz クアッドコア
  • 6.4インチ FHD(1920×1080) TRILUMINOS for mobile液晶
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:16GB
  • microSDXC(最大64GB)対応
  • 800万画素ExmorRSカメラ搭載(HDRビデオ対応)
  • IP58防水防塵対応
  • ギャップレス防水のイヤホンジャック
  • NFC
  • サイズ:179.4×92.2×6.5mm
  • 重さ:212g
  • バッテリー容量:3000mAh
  • スタイラス入力に対応
前に、実機を貸してもらった時にはドコモのSIMでLTE回線も利用できたような気がするし。

【Xperia Z Ultra レビュー】開封、そしてdocomoのSIMを挿してみる編 | OREGADGET



ていうか、この値段なら普通に欲しいんだけど、どうしようかな〜。

でも、もっと待てば3万円を切ったりするんじゃないかなと思ったり思わなかったり。。。

エクスパンシス

【EXPANSYS】Google Play Editionの「Xperia Z Ultra」を¥36,700で販売中!!

sony-z-ultra-google-play-edition

SIMフリー端末の販売でお馴染みのEXPANSYSがGoogle Play Editionの「Xperia Z Ultra」を¥36,700のセール価格で販売してますよ!!





Google Play Editionの「Xperia Z Ultra」はSONY製のアプリなんかを一切排除したAndroidという感じで、Xperiaブランドを外して「SONY Z Ultra」という名称で「Nexus 5」なんかと一緒に米国のGoogle Playとかで販売されてるモデルです。

基本的にはNexus端末と同じように製造メーカーの余計な配慮のない純粋な状態で、OSには最新のAndroid 4.4(Kitkat)が採用されてます。

「Xperia Z Ultra」と「LG G Pad 8.3」のGoogle Play Editionが登場、日本での発売は未定 – ITmedia Mobile



ちなみに、通常の「Xperia Z Ultra」も一時期に比べて大分お安くなてるようでして、現時点では¥37,600という魅力的なお値段となってます。

なお、海外からの輸入販売のため別途送料と関税が必要となります。


というわけで、気になる方は在庫のある今のうちにチェックを!!

Xperia Z Ultra | EXPANSYS

【Xperia Z Ultra レビュー】開封、そしてdocomoのSIMを挿してみる編 | OREGADGET



【EXPANSYS】SONYの6インチスマホ「Xperia T2 Ultra」を3万円台で購入できるファブレットセールを開催中!!【7/4まで】

スクリーンショット 2014-07-01 11.48.56

SIMフリー端末の販売でお馴染みのEXPANSYSが特別セール(7/4まで)を開催してまして、国内未発売の6インチクラスのファブレットをお買い得価格で販売中ですよ!!





今回のセール対象商品は「Xperia T2 Ultra」と「Nokia Lumia 1520」と「LG G Pro2」の3機種。

それぞれのレビュー的なものは↓とかが参考になるかも。

Xperia T2 Ultraはカメラ機能が強力なお手頃ファブレットだった – 週アスPLUS



ノキア Lumia 1520レビュー:6型フルHDのフラッグシップ機。ハードウェア編 – Engadget Japanese



ASCII.jp:LGのハイエンドファブレット「LG G Pro 2」がアキバで販売!



んで、気になるお値段は↓のような感じ。
  • SONY Xperia T2 Ultra:通常価格¥46095のところ29%OFFの¥32,921
  • Nokia Lumia 1520:通常価格¥68450のところ33%OFFの¥46,095
  • LG G Pro2:通常価格¥54000のところ9%OFFの¥49,389
なお、海外からの輸入販売のため送料と関税(たぶん合わせて5000円くらい)が別途必要となりますのでご注意を。


というわけで、セール品には数に限りがあるっぽいので、気になる方は早めにチェックを!!

ファブレットセール | EXPANSYS Japan

SONYが謎の新製品を発表を予告!! Xperia Z2 Ultraかも!?

BpHRE4UIYAEwgCE
SONYの公式Twitterアカウントが謎の新製品の登場を匂わせるツイートをティザー画像っぽいものと共に公開してますよ!!





それが↓これ。


「大きな何か」的な英文が添えられてます。

で、画像に映ってる謎の端末は薄さと電源ボタンのバランスからして、タブレットかファブレットのような印象ですけどね。

まぁ、時期的には「Xperia Z Ultra」の後継機種かなと思いますけど、どうなんでしょうね?

もうすぐ「Xperia Z Ultra」が発表されて1年経ちますしね。

SONY、6.44インチ高性能スマホ「Xperia Z Ultra」を発表!! | OREGADGET



そろそろ後継機種が発表されてもいい時期なんじゃんと思ったり思わなかったり。

名称的には「Xperia Z2 Ultra」が妥当な感じでしょうね。


そういえば、「Xperia Z Ultra」の後継機種はディスプレイサイズが小さくなる的なウワサもありましたけどね。

次世代の「Xperia Z Ultra」は現行機種よりも液晶サイズが小さくなるというウワサ。 | OREGADGET



まぁ、楽しみに続報を待ちたいと思います!!

[via:Twitter

【ASUS OUTLET】6インチ・フルHDディスプレイ「Fonepad Note 6」を29,900円で販売中!!

DSC05167
ASUSのオンラインショップで6インチファブレット「Fonepad Note 6」がアウトレット価格で販売中ですよ!!





今回、アウトレット価格で販売されてる「Fonepad Note 6」は箱が破損してるだけで、本体には問題がないのでご安心を。

主なスペックは↓のような感じ。
  • CPU:Intel Atom Z2580(2.0GHz2コア/4スレッド)
  • メモリ:2GB
  • 液晶ディスプレイ:6インチTFT Super IPS+(1920×1080)
  • ストレージ:16GB
  • カメラ:メイン800万画素、フロント120万画素
  • サイズ:16.5センチ×8.9センチ×1.03センチ
  • 重量:約210g
  • バッテリー駆動時間:約7時間(Wi-Fi・モバイル通信とも)
  • 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n
  • 通信方式:W-CDMA(HSPA+):2100(1)・1900(2)・850(5)・800(6)・900(8)MHz、GSM/EDGE:850・900・1800・1900MHz
  • その他:Bluetooth 3.0対応、microSDカードスロット、スタイラスペン付属
ちなみに現在在庫のある本体カラーはブラックのみ。

で、気になるお値段は通常価格:40,937円のところ1万円以上OFFの29,900円!!

箱が破損してるだけで、ここまで安くなるならアリかなと。


というわけで、詳細が気になる方は↓からどうぞ。

ASUS Fonepad Note 6 【OUTLET】 | ASUS Shop




そういえば、先日参加してきた「SIM通」のイベントで実機が用意されてましたので、その時の写真でも貼っておきましょうかね。

DSC05166
まぁ、片手で操作は大変そうですけどね。

DSC05168
iPhone 5cと比較するとこんな感じ。

DSC05167
これで電話するとそれなりにインパクトがw


さらに会場にはもう一回り大きい「Fonepad 7」も用意されてました。

DSC05160
普通にタブレットですけど、「Fonepad」と名乗るくらいですから通話機能もあります。

DSC05164
これは完全に変な人ですww

【SIM通ブロガーイベント】格安のMVNOのSIMカードとSIMフリー端末を上手く組み合わせれば月額維持費はもっと安くなる!! | OREGADGET







ボリュームボタンでKindleアプリのページ送りができる「Xperia Z Ultra(SOL24)」は電子書籍リーダーとしてステキ!! #Xperiaアンバサダー

DSC06604 2
SONYの電子書籍といえばRaederがあるのにアレなんですが。

「Xperia Z Ultra(SOL24)」でKindleアプリを使ってみたらとっても快適だったので、そのお話です。





「Xperia Z Ultra(SOL24)」といえばね、約6.4インチの大型ディスプレイが最大の特徴なんですけどね。

これだけ大きい画面があると読書も快適なんですよ!!

DSC04885
Kindle Paperwhiteと比較するとこんな感じ。

しかも「Xperia Z Ultra(SOL24)」の方が横幅が狭いので片手持ちもラクラク。

もはやKindle Paperwhiteの出番は今後なくなるかも。。。

でね、「Xperia Z Ultra(SOL24)」は普通の液晶画面だからKindle Paperwhite的なディスプレイと違ってページ送りの時の無駄な白黒反転も無いのでサクサクと読み進めることができるんですよ♪

で、最大のポイントは本体右横にあるボリュームキーでページ送りができるということ!!

DSC06602_2
この機能があることによって、ページ送りの際にいちいちディスプレイをスワイプする必要がないので、例えば満員電車の中とか両手操作が難しい時でも難なくページ送りが可能だったりします♪

あらかじめ、ボリュームキーにページ送り機能を割り当てる設定は必要なんだけど、すこぶる簡単なのでご安心を!!

2014-04-24_09_34_31
Kindleアプリの設定を開いて、

2014-04-24_09_34_43
「ボリュームボタンでの操作」にチェックを入れるだけ!!

ねっ、カンタンでしょ♪

この設定をしとくだけで、格段に操作性が増しますので「Xperia Z Ultra(SOL24)」ユーザーなKindle派の方には超オススメです。

ちなみにkoboアプリでも同様の設定は可能です。

だけど、SONYのReederアプリではできないという、なんだか残念な感じなんですけどね。


まぁ、ともあれ6.4インチの大画面は電子書籍に最適なデバイスですよ!!というお話でした。

Kindle
Amazon Mobile LLC
価格:0  平均評価:4.1(259,743 件)



楽天kobo:電子書籍/小説・漫画・無料本が読める!
Kobo Inc.
価格:0  平均評価:4.2(132,433 件)



ソニーの電子書籍 Reader™
Sony Corporation
価格:0  平均評価:3.6(1,510 件)



Xperia™ Z Ultraサロン | Xperia™ Tablet | ソニー



ソニーストア

OREGADGET 2014-04-30 11:21:55

10151890_634287193310688_937175706_n
ちょっと前なんですけどね、ソニーモバイルコミュニケーションズ主催の「Xperia 新商品タッチ&トライ」アンバサダー・ミーティングVol.2に参加してきたんですよ。





基本的なイベントの内容は1月に参加したアンバサダー・ミーティングと同様にauから発売中の「Xperia Z Ultra(SOL24)」とSONYから販売されているWi-Fi版の「Xperia Z Ultra」の商品説明とタッチアンドトライッて感じでした。

「Xperia 新商品タッチ&トライ」アンバサダー・ミーティングに行ってきた!! そしてau版「Xperia Z Ultra(SOL24)」を借りてきた!! #xperiaアンバサダー | OREGADGET



ただ、前回のイベントとは違う試みとしてテーブルごとに参加者がXperiaについて思うことをディスカッションするみたいなくだりがありましてね。

それぞれXperiaの好きなことと改善を希望することをポストイットに書き出すみたいな感じでした。

オレ的には前回のイベントの際に1か月くらいau版の「Xperia Z Ultra」をお借りしていろいろ感じた↓のようなことを話しました。

「Xperia Z Ultra」はモバイルルーターとしても超優秀だった!! #xperiaアンバサダー | OREGADGET



「Xperia Z Ultra(SOL24)」は産経新聞アプリを使うのに最適なデバイスだった!! #Xperiaアンバサダー | OREGADGET



「Xperia Z Ultra(SOL24)」って実はシニア層にオススメなんじゃん!? って思った話。 #Xperiaアンバサダー | OREGADGET



で、まぁXperiaのいいところはもちろんたくさんあるんですけど、なんかオレが座ったテーブルでは改善要望のほうが盛り上がってたりしてw
  • カメラのレンズはGレンズじゃなくてCarl Zeissじゃないと
  • WALKMANアプリがWALKMANほどWALKMANではない
とか好き勝手いいながらワイワイやってたんですけどね、共通した意見としてはディスプレイ面のロゴを無くして欲しいみたいな。

実際、ディスプレイ面のロゴはいらないと思うんですよね。

Xperia Z以降のXperiaって、もう見た目だけで完全にXperiaですからね。

象徴的な電源ボタンやオムニバランスデザインとか、ちゃんとSONY製ってのはそんなにアピールしなくても分かってますから。

SONYやらXperiaのロゴは背面に控えめに印字するだけにしたほうが、より高級感は増すんじゃないかなと思うわけですよ。

iPhoneなんてまさにそうですからね。

そんなことを伝えましてね、その意見がどこまで採用されるのかは謎ですけど、いつかディスプレイにSONYロゴの無いモデルが登場したらいいなという期待を込めつつ。

特にdocomo版は悲惨ですからね。

まぁ、それについてはSONYと言うよりdocomo側の問題かもしれないけど。


DSC06583
で、そんなこんなで再びモニター機をお借りしちゃいました♪

ていうか、もう返却しちゃったんですけどね。

今回は前回のモニター時にはあんまり試さないまま終わっちゃった、電子書籍関連をいろいろ試しましたので、追って記事にしますよ!!

Xperia™ Z Ultraサロン | Xperia™ Tablet | ソニー



ソニーストア

SONYの6インチファブレット「Xperia T2 Ultra」販売開始!!【EXPANSYS】

sony-xperia-t2-ultra

国内のケータイ会社は取り扱っていない、SONYの新しい6インチファブレット「Xperia T2 Ultra」が日本国内からも購入できるようになりましたよ!!

販売しているのはSIMフリー端末の販売を手がけるEXPANSYS Japanです。





「Xperia T2 Ultra」は今年1月に発表されたミドルスペックのスマートフォン。

Sony Mobile、普及モデル「Xperia T2 Ultra」と「Xperia E1」を発表 – ITmedia Mobile



主なスペックは以下のような感じ。
  • OS:Android 4.3(コードネーム:Jelly Bean)
  • ディスプレイ:6インチ(720×1080)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon MSM8928(1.4GHzクアッドコア)
  • RAM:1Gバイト
  • ストレージ:8Gバイト
  • 外部メモリ:microSD(最大32Gバイト)
  • メインカメラ:1300万画素
  • インカメラ:110万画素
  • サイズ:165.2×83.8×7.65ミリ
  • 重さ:172グラム
  • バッテリー容量:3000mAh
  • ネットワーク:GSM/UMTS/LTE
  • 防水非対応
まぁ、位置付け的には「Xperia Z Ultra」の廉価版みたいな感じです。

で、現時点での気になるお値段は¥46,570!!



あ、あれ?

廉価版と言いながら、SIMフリー版の「Xperia Z Ultra」より高いし。。。

なお、購入の際には本体価格とは別に送料と関税が必要となります。



まぁ、それはさておき本体カラーは3色全てがラインナップされてます。

Xperia-T2-Ultra

Sony Xperia T2 Ultra dual Pic

ちなみに、ホワイトモデルはフロントのベゼル部分も真っ白!!


というわけで、気になる方は在庫があるうちに早めチェックを!!

Sony Xperia T2 Ultra (SIMフリー LTE, 8GB) | EXPANSYS

Sony Xperia Z Ultra(SIMフリー LTE, 16GB) | EXPANSYS